読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラサー女の怠惰なる日々

1月末でジャスサー(JUST30)になりました。そして2月末で無職になります。ジャスサー無職の自由で怠惰なる日々をつらつらと。

去り際の早さったら

f:id:sana_72me37:20161119143735j:image

昨日は、会社の先輩が産休に入るため最後の出勤日。

もちろん、お見送り会をした。

 

会社近くの、なかなかオシャレなイタリアン。

飲み放題付きの宴会コースで、和やかにスタート。

料理はどれもおいしくて、

サラダ、ローストビーフ、唐揚げ、ピザ、もう一枚ピザ、パスタ、とどめにチキンカツ、デザートにアイス

と、ものすごい量。

唐揚げから、炭水化物ゾーンを挟んでのチキンカツの破壊力は異常。

ていうか、ボリュームがものすごい。

アイスに差し掛かるころには、みんな息も絶え絶えなほど満腹に。

しかし目の前の若手男子はマイ・アイススプーン(熱伝導の優れたチタン製)を取り出し、おもむろに食べ始めた。

私の取り皿にはピザやカツ、唐揚げが寂しそうに佇んでいる。

無論、私の分のアイスも彼に差し出した。ものすごい嬉しそうに食べた。

 

少人数の会社なので、みんなでまとまってトークができて、

ワイワイと賑やかな会となった。

主役の先輩が無事に出産できることを祈って、一本締めで終了。

店を後にする我々。みんなに継いで、一番最後に店を出た。

 

さて、2件目?と思い扉を閉めると、いるはずのみんながいない。

主役の先輩と幹事の後輩だけ。

帰る人は駅方面へ歩き、他の約束がある人は早足で去っていったという。

 

早すぎない?

せめてじゃあまた!みたいな挨拶ぐらいは交わすものだと思っていたよ。

ていうか飲み会のあとに他の約束って、アクティブでパワフルだな。

 

ポツンと残された女性3人。

せっかく主役がいるのに、一次会だけでお開きは

あまりにもドライで寂しいので、カフェで二次会。

コーヒーを飲みながら、1時間ほど話に花を咲かせて終了。

 

普段の飲み会は二次会まで当たり前にあるのに、

なんで今回だけみんな見事なほどの去り際の早さだったのか。

一晩明けた今も、謎は深まる。

 

それにしても、酒を飲むと食べる量が年々減って行く。

話しながら、一息つく度にお酒に手を伸ばしていると

それだけでお腹いっぱいになるし、少しつまむ程度がちょうど良いな。

飲みの席で満腹を求めることがなくなったのか。

 

オヤジ化問題が深刻化している。

 

今日も今日で、別の飲み会。

最近は仕事ばかりで大勢で飲む機会がとんと減っていたので、

飲み会への意欲がすごく高まっている。

飲むぞー。