アラサー女の怠惰なる日々

1月末でジャスサー(JUST30)になりました。そして2月末で無職になります。ジャスサー無職の自由で怠惰なる日々をつらつらと。

shock室

もうめっきり日が短くなりましたね。

夕方6時で真っ暗。

 

それで、家に帰ってお風呂に浸かろう~♪なんてゴキゲンで自転車乗ってたら、

警官に停められた。

 

「ライト着いてないのでつけてねー」って。

 

いや、着けたし。

普段無灯火で走ってる人に対して、

「両足同時に捻って不便な生活を1週間送るはめになれ」って呪いをかけるくらい嫌っているから、

自分が無灯火なんてするはずない。

 

と思ってたら、

電球切れてた。

 

全然気付かなかった。

ということに警官も気付いたらしく、

「早く電球取替えてね」で終わると思った。

 

ついでに、職質いいすか?みたいなノリで

近くの交番の前まで同行させられた。

 

いいけど。

 

別にやましいこともないし、いいけど。

 

自転車の防犯登録をし忘れてたくらいだし。

購入してから約1年くらい、忘れてただけだし。

 

自転車の製造番号を照合されて、無事釈放。

 

生まれて初めての職質だった。

何もしてないのに、少しドキドキしてしまった自分が悔しい。

 

しかし電球切れてたことに気付けたのは幸い。

早く取替えなければ。

ついでに防犯登録もしよっと。

f:id:sana_72me37:20161010010935j:image

あーびっくりした。