アラサー女の怠惰なる日々

1月末でジャスサー(JUST30)になりました。そして2月末で無職になります。ジャスサー無職の自由で怠惰なる日々をつらつらと。

金曜の夜がどうしてウキウキするのか考えてみた

土日休みのお仕事をしている人は、

金曜や土曜の夜が、

平日休みの人も、

休日前の夜は嬉しくなる

人が多いと思います。

もちろん私も。

私は土日休みなので、金曜の夜が一番幸せ。

それは、次の日が休みだからのんびり寝られることや

仕事をしなくていいという理由からだと思う。

でも、それだけではないと気づいた。

深く追求してみると、小学校や中学校、高校の時と、さかのぼる。

つまり、親に面倒見てもらっていた時代。

その時は、見たいドラマとか番組があっても、夜遅い時間は見せてもらえなかった。

「早く寝なさい。明日も学校でしょ。」

とか言われて、録画をするか諦めるかをしてしぶしぶ寝ていた。

でも週末の夜だけは、いつもよりちょっと夜更かししても

何も言われなかった。

我慢しなくていい週末。

その開放感が、週末嬉しいの根底にある気がする。

誰にも文句を言われずに堂々と夜更かしできる。みたいな。

大人になったいまは、平日に夜更かししようが

何をしようが何時に寝ようが文句を言われることはないけど、

生活の中心が仕事になっている以上、自分を苦しめてまで無茶をしようと思わなくなった。

結局つらいことは自分に返ってくるって学んでいるから。

その分週末にはめをはずせるのが嬉しい。

普段できないことをしたくなる。

大人になるほど、休日の前の日の夜のありがたみが大きくなる気がする。

明日はしたいことたくさん。

寝過ぎに注意。