アラサー女の怠惰なる日々

1月末でジャスサー(JUST30)になりました。そして2月末で無職になります。ジャスサー無職の自由で怠惰なる日々をつらつらと。

しゅくだ!

その後就職活動の経過を申し上げていませんでした。

面接を受けてから数日、どうなったでしょうか。

結果を申しますと、

企業の内定を頂きました!

1つでも内定が出ればそこで就職活動は終わり。

正社員に向けてちゃくちゃくと準備したり家族に報告することができる。

さらに今回は、2社同時選考中でした。

両社とも第一志望と第二志望。

どちらの自分がやりたくて選んだ仕事。選んだ会社。

どちらに内定をもらって働くことになっても悔いはないだろう。

先に内定をもらった方にお世話になろう。

と思っていました。

1社は求人情報を探している時に、一番魅力を感じた会社(本命)

1社は上本命の会社を受けるために練習がてら受けようと思って応募した会社。

結果的に面接の順番が逆になり、面接を受けている過程で志望度も逆になった。

先に前社に内定を頂いたので、即決しようと思ったものの、まだ結果の出ていない会社にも心残りがあった。

なぜなら、そちらの会社や業務内容に惹かれていたから。

思い返せば大学3年の時の就職活動。

目指している業界がありながらも競争率の高さや人間として未成熟だったことが重なり

なかなかうまく進まなかった。

結局始めて内定をもらった商社に勤めたものの、目指していた業界とは全く異なり、憧れていた仕事内容への未練は心の奥でくすぶっていた。

くすぶっていたからこそ後社にダメもとで応募したんだろうけど、面接を初めてしてもらったときに心の奥のくすぶりに火がついた。

やっぱりこの仕事がしたい。

一度でもこの仕事に挑戦しないことには一生諦められない。

一生憧れだけ残り指を加えて何もできないのはいやだ。

と思った。

だから先に内定ももらっても、後者の返事をもらわないことには返事はできない。

ギリギリまで待ちたい。

と思って、保留にしてもらった。

保留にした結果、ありがたい結果が届いた。

面接から少し時間が経っていたので、半分諦めていた。

でも待ち焦がれていた結果がその通りに来た。

今まで生きてきた中で一番嬉しい。

言葉に表すことができないくらい嬉しい。

中途入社(=即戦力として求められる)なのに業界未経験(=0からのスタート=採用側としてもリスクが高い)

という逆境を乗り越えようと就職活動をしてよかった。

受けたのはたった4社だけど、自分の強みや弱みとかつてないほど向き合った。

学生の時よりも客観的にかつ真剣に向き合うことができた。

就職活動の期間も短かったけど、長年夢見た仕事ができることになった。

そこでゴールとせずに、天職といえるくらい努力していきたい。

あーホントに嬉しい!

今なら何だってできる気がする!

ただ明日、内定辞退の電話をするのが緊張するだろうな!

今日は祝い酒しよう!

応援してくれた方、ありがとうございました!!!!!!!!!!!!!!!!!