読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラサー女の怠惰なる日々

1月末でジャスサー(JUST30)になりました。そして2月末で無職になります。ジャスサー無職の自由で怠惰なる日々をつらつらと。

よんはり

今日の出来事

よんはり

友達と酔っ払ってカラオケに行きました。

飲み放題コースの2時間一本勝負!ってことで、受付を済ませ部屋へ移動。

生ビール3杯を運んでいる店員さんとすれ違うまさにその時…!

店員さんビールグラスを落とす。

その破片が足に当たる。

痛いなーと思いつつ部屋に入る。

ふと足を見ると流れ出ている血液。

お、おぅ。これはまずいな。ガラスだし。

仲間がすぐに店員さんを呼んでくれた。

店員さんはタオルを持ってきたり救急車呼んでくれたり、足下にできた血だまりを掃除してくれたりとものすごい手際。

仲間は足からしたたる血を吹いてくれたり、血まみれのサンダルを洗ってくれてるうちに救急車到着。

いろいろ事情聴取みたいなのされながら乗り込む。自力で。

意識もはっきり、むしろアドレナリン出まくって脈早い。

そして生まれて初めての救急車搬送。

酔い潰れて3回呼ばれたことあるが毎回拒否してたのに、あっさり。

カラオケの店員さんが同行してくれた。

病院につき、ガラスの破片が残ってないかレントゲン撮影。

病院のスリッパにも血を垂らしだめにしてごめんなさい。

幸いにも破片はなかったので、そのまま縫合。

麻酔いてーーーーっ!!!!

骨に注射してんじゃないかと思うくらい痛い。

そしてそれが続く。なかなかの時間。

その痛いまま感覚がなくなる。

今から縫います。と先生に言われ身構えるも、感覚なし。

皮膚が引っ張られている感じだけで、変なの。

たまにちくっとするくらいで、あっけなく終わった。

その間10分くらい。

また明日外来を受けるよういわれ、無事に帰りました。

この場合、カラオケの人はどういう対応してくれるんだろう?

#救急車 #カラオケ