アラサー女の怠惰なる日々

1月末でジャスサー(JUST30)になりました。そして2月末で無職になります。ジャスサー無職の自由で怠惰なる日々をつらつらと。

ミステリー

月曜日のお話。

名古屋でできた少ない女の子の友達のんちゃん。
のんちゃんとのんちゃんの友達のかーこちゃんと飲み。
のんちゃんの友達のかーこちゃんとは初対面で、のんちゃんの高校の同級生。

ここで登場人物のまとめ。ややこしいでしょ。
のんちゃん
かーこちゃん

以上三人。

でまぁわいわいと飲んでた訳ですね。たわいもない会話などのんべんだらりとね。

以前、私とのんちゃんと二人でゲイバーに行った話をすると、かーこちゃんも行ってみたい!とのこと。

以前行ったゲイバーは社員旅行でタイに行っているためお休み(笑)
すぐさま周辺のゲイバーを探すも、予算的にちょっと…となったので、前から行ってみたかったお店を提案。

店員さんがお笑い芸人のバー。値段も安い!
どんな人がいるんだろうとわくわくしつつ向かう。

お店は意外と広くなく、カウンターでお客さんが一人いるだけだった。
ボックス席で三人で盛り上がってきた。のんちゃんが珍しく酔っている!

若手の芸人さんと楽しくお話しながら、終電もなくなったしそろそろ帰ろうかなって時に他のお客さんご来店。
男性4人。会社の先輩後輩グループかな。
隣のボックスに座って、ものすごいこっちを見てくる先輩。
もちろんすぐ気づいたけど、何気なく交わす。

それにしてもものすごいこっちを見てくる先輩。

居心地が悪いので挨拶だけしてみた。

こんばんはー(*´∀`)くらい。

こっちはもうチェック終わってるし。

待ってましたと言わんばかりに話し出す先輩。

一杯ご馳走してくれました。思った通り!

でまぁ飲んで帰ろうとすると止められた。まだ飲もうよって。

時間も時間だから帰った。のんちゃんとかーこちゃんだけ。

いやぁ、ただで飲めるなら飲むよね。

カラオケで盛り上がり酒も飲み記憶も飛ぶ。

あれ?

気づくと朝だしちゃんと布団で寝てるし下半身だけ何も着てないし。

とりあえずバイトに確実に遅刻する時間だったので、体調不良のため遅刻する旨連絡。

完全に泥酔状態。

脱ぎ散らかしてた服を着て昨日のズボンのポッケを見ると、数枚の名刺とそれに書きなぐられたメッセージと電話番号。

そして一万円札が一枚。

なんぞ。

どーゆーこと??

名刺と番号はわかる。

ケータイの発信履歴に知らない番号がいくつかあったから交換はしたんだろう。

お店のオリジナルレトルトカレーもあったからもらったんだろう。

それもわかる。

一万円札???

思い出そうにも手繰り寄せる記憶が全くない。どうやって帰ったのかもわからない。

一万円札と起きた時に下半身裸。

最悪のパターンか?送り狼にやられたか?

と思い、ものすごいショック。

お店の人ともライン交換していたのでとりあえず謝罪。

怖くて真相聞けず。

友達と飲んでて記憶飛ばすのは百歩譲っていいとしても、

単独行動で記憶飛ばしてはいけない、絶対!!!!

ものすごい後悔。

長なるので後半に続きます。