アラサー女の怠惰なる日々

1月末でジャスサー(JUST30)になりました。そして2月末で無職になります。ジャスサー無職の自由で怠惰なる日々をつらつらと。

悔しい!

今日は団体戦でした。

結果は2勝1敗。

最後の試合でシングルスをしたんだけど、

これがもう悔しい。

結果的には勝ったんだけど、

内容がひどすぎる。

自分の体力・集中力のなさにがっかり。

前にできていたことが、できていなくなってる。

わかっているのに、同じミスをしてしまう。

全然ラリーにならない。

自分のミスばっかり。

仲間は応援してくれてるけど、

情けなくて申し訳なくなる。

1試合目のダブルスは僅差で負けたけど、

自分の力を出せてものすごく楽しかった。

負けても楽しい試合と、

勝っても悔しい試合だったら、

どっちがいいんだろ。

私は一度へこみ出すと、とことんネガティブになるから、

私なんかもう上手くなれないし、バドミントンやめよかな。

って投げやりになる自分もいるし、

勝っても悔しいってことは、もっと上手くなりたいってこと。

これをバネにがんばらなきゃ!

って思う自分がいる。

多分、

楽しくバドミントンが続けられたらいい。

って結論になるんだと思うけど。

ほんとに体力が尽きて、

浜松~名古屋を新幹線で帰ってる途中、思い出しても悔しくて涙が出る。

初戦の楽しい記憶も、

仲間と応援しあったり、力を合わせて戦った満足感も、

仲間が優勝して嬉しい気持ちも、

全て最後のシングルスでの悔しさが上書きしてしまった。

くそー!

こんなに悔しい気持ちになったのは久しぶりだ!